ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.09.28 Friday

カメラ雑感・ ZEISS ZX1 ・・

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

 

こんなカメラを、国内メーカーに先んじて出してもらいたかった・・

 

ZEISS ZX1

 

 

 

 

 

 

 

 

Lightroom CC が内包されているというのが、興味深く面白い。

 

既にスマホでLightroomが走るので、スマホ以上デジイチ未満の

こんなエッセンスを加えたカメラを待っていた人、多いのでは?

 

でもコレ、センサーはフルサイズ。

512GB SSD 内蔵。

かなり強力かも・・

 

どう、SIGMAとFUJIFILM、コレ検討してみない?

 

 

 

 

 

2018.09.26 Wednesday

カメラ雑感・FUJIFILM・・

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

 

FUJIFILMは、フルサイズよりコチラで勝負するんだね・・

 

昨夜のフォトキナ・プレスカンファレンスを見て、そう感じたのは僕だけではないかも。

 

GFX-50Sが発表された時、もしやと思ったけど、GFX-100Sでソレを具体化してきた。

 

・100Mのセンサーが捉える高精細な画。

・それをIBISで支え、手ぶれ補正が効く。

・センサー全面に位相差AFセンサーを配置。100Mの画質で、動体を狙う。

・縦グリ付きのボディーは1Dと同じ位の大きさ。

 

なんか、凄いな・・

 

このビデオを見て欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

以前のエントリーで、FUJIFILMはプロモーションが上手だなと記していたけど、

僕的には、最近あまり面白いと感じる記事がなかった。

 

僕が最近7M3に傾倒しているから、そうかも知れない。

ソレでもグラグラさせる何かが、足りない感じがしていた。

 

でも、今回このビデオは久しぶりに来た感じ。やはりFUJIFILMは惹かれるメーカーだ。

 

開発シーンを盛り込みながら、各部署担当が語る。まだ筐体に全て収める事が出来ない状態。

その未完のカメラで、最後にスタッフの集合写真を撮る。

 

写真家 Mark Power氏がその演出を担当したようだが、シャッターを切るんじゃなくて、

エンジニアの肩を叩く。ソレが100Mの画が生まれる瞬間・・

 

1分48秒の短い映像。

華美な演出はないけど、FUJIFILMらしい語り口が、実に心地よく僕の琴線に触れた。

 

いいね、FUJIFILM。

 

でも、今日 T2 を手離してしまったんだ・・

 

 

 

 

2018.09.02 Sunday

カメラ雑感・パナ・フルサイズ・・

 

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

 

 

カメラ雑感・パナ・フルサイズ・・

 

 

 

 

パナがフルサイズミラーレス機市場に参入か?

 

かなり信憑性の高い情報が流れ、その方面賑やかになっています。

 

少し前に、OLYMPUSがハイエンド機を出す。ソレがフルサイズ機ではないか?

そんな憶測が流れ、既存のMFTユーザーからは強烈に批判的な意見が上がっていましたが、

パナはどう展開するつもりなのでしょうか?

 

ライカと関係の深いパナ。SLマウントでフルサイズシステム展開。

これが最短かつ有効な気がします。

 

僕的にはソニーE マウントと組んで、SIGMAや果てはMC11経由でキヤノンのEFマウントも

使えるボーダーレスなマルチボディになったら、かなり面白いかと考えます。

 

さらに、MFTもアダプター介して実は使えちゃう。見たいな・・

 

僕の勝手な絵空事。

 

9月25日の発表が、楽しみです。

 

それにしても、5日にはキヤノンからEOS R が発表予定。9月下旬にはNikon Z7 の市場リリースと、

フルサイズミラーレス、当分熱い日が続きそうです。

 

 

 

FE 85mm F1.8  + 7M3

 

2018.03.10 Saturday

写真を売る・・

 

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

 

先週の今日。

 

CP+と連動開催のお苗場会場にて、そんなテーマのセミナーを受講してきました。

 

Getty Images小林正明氏の講演。

とても興味深い内容でした。

 

写真をやる人なら、一度は自分の写真が売れるだろうか?

そんな事を考えた事、あるのではないでしょうか・・

 

僕は一時、仕事として対価を頂きながら写真と向き合ったことがあるので、

この辺の諸所諸々は経験値として判る部分があります。

 

目線を変えると、いろいろな可能性が開けて来る・・

今回受講して、そんな感触を得ることができました。

 

商業写真の世界は実に厳しく、ソレを生業としているプロの方々には

とても行き難い時代だとか・・

 

常に新しいモノを欲しているのですが、

全てが奇をてらった内容でなくても言い訳で・・

プロでは撮れない写真、そして人がキーワード。

 

少し距離を置いていましたが、写真で対価を得る。

考えて見たいと思います。

 

世界には、僕のこの写真を欲しがる人が、いると思います (^^)?

 

 

 

 

 

写真を売る・・

 

 

 

 

XF-90mmF2 R LM WR+X-T2

 

 

2018.03.06 Tuesday

3月3日・CP+・・03

 

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

 

 

写真とカメラの祭典。

来場者のほぼ全員が、自慢のカメラを携えて訪れるイベントですが、

カメラメーカーの多くが、モデルさんの撮影に対して何らかの規制をしていました。

 

大混雑の会場故、仕方ないのかもしれませんが、我々来場者側もモラルが問われる部分かも・・

 

明らかにソレが目当ての人達は、ソレナリの装備でゴリゴリ押して撮影していましたが、

僕はコッソリ隙間から、ワンチャンス撮影。

 

でも、こんな感じで目線頂けます(^^)

 

 

 

 

 

3月3日・CP+・・03

 

 

 

 

 

α7III とても気になります・・

 

大盛況のSONYブース。

人酔いしそうなくらいで、本体に触れもせずその場を後にしましたが、

エントリークラスと言いながら、内容は下克上的なスペック。

 

価格もH1に少し足すと、レンズキットが買えてしまう・・

 

センサーサイズの違いによる画質の優劣。

常に語られる話題ではありますが、フルサイズが有利なのは物理的に明らか。

特に高感度域でその差が出てきます。

 

僕が最近MFTから距離を置いているのは、この辺の理由からで、

MFTよりは有利なAPS-CのX-T2でも、2.4Mセンサーはノイズが気になります。

 

フルサイズが、随分と身近になりました・・

 

 

 

 

XF-90mmF2 R LM WR+X-T2

 

 

2018.03.05 Monday

3月3日・CP+・・02

 

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

 

X-H1にマウントされていたレンズが、赤バッジの16-55。

 

ハンズオンエリアの照明が明るくて、手ぶれ補正の効果を試すことが難しい状況。

少し薄暗い環境で、スローシャッターでその効果を試してみたかった・・

 

焦点距離も短く、モデルさんとの距離もあったので、かなりトリミングしています。

 

でも、どうでしょう?

T2より、細部のディテール撮れていますかね・・

 

 

 

 

3月3日・CP+・・02

 

 

 

 

既に販売されているモデル。

入手した方々の絶賛の声も散見されますが、

僕的には若干感動が薄い状態。

 

まぁ、琴線に触れたらまたソワソワしてしまう日々を送らねばならず、

春近し暖かくなって来ていますが、懐具合は真冬なので、

今の感想はコレくらいで、僕的にはいいのかもしれません。

 

それより、センサーもCPUもT2と同じとのこと。

ファームウェアのアップデートで、何やら更に良さげなAF-CがT2にも実装されないかな・・

 

しばらく、その辺を楽しみに妄想にふけりたいと思います。

 

 

 

XF16-55mmF2.8 R LM WR+X-H1

 

 

2018.03.04 Sunday

3月3日・CP+・・

 

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

 

 

3月3日・CP ・・

 

 

 

 

写真好き・カメラ好きがソワソワする4日間。

CP+2018が、本日までみなとみらい地区界隈で開催されました。

 

僕も2年ぶりに見学。

今回は、大桟橋お苗場会場内で催されたセミナーにも参加。

写真三昧の1日を、楽しんできました。

 

会場には10時過ぎに入ったのですが、既に芋を洗う大盛況。

お目当てのFUJIFILMブースも、賑わっていました。

 

2年前は会場での機材レンタルサービスがあり、ソレがきっかけでFUJI沼に浸かることに。

しかし今回は、そのイベントなし・・

 

X-H1を数時間好きに使ってみたいと目論んでいたのですが、残念。

 

興味は手ぶれ補正の効果。

 

仕方なくハンズオンの列に10分ほど並んで数枚撮ってみましたが、

よく判らない・・

その辺の性能については消化不良のまま、お試し終了。

 

ただ、サイズ感・グリップのホールドは申し分ないジャストサイズ。

E-M1は小さい。X-T2もグリップが浅いし、小指が余る。

GH4に近いバランス。使ってきたミラーレス機の中で一番好印象。

 

X-H1との初見は、こんな感じです・・

 

ちなみに、今日の写真はT2+90mmです。

モデルの撮影は展示機のみ可能と、うるさかったので、

離れた通路からコソッと撮りました。

かなりトリミングしています・・

 

 

2018.02.21 Wednesday

カメラ雑感・X-H1・・

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

 

 

 

 

 

 

ついに、いやとうとうと言うべきか・・

 

ボディ内手ぶれ補正を実装したXモデル。X-H1が発表となりました。

 

画質劣化につながるとして、FUJIFILIMはその機構の実装を頑なに拒んできたのですが、

コレが転換点となるのでしょうか?

 

僕も、ボディ内手ぶれ補正は多くの恩恵があると承知しつつ、センサーがフローティングしていることに起因する

ブレに対して懐疑的なところがありまして、X-T10・T2で撮影の基本に立ち返る的に焦点距離とSSに注意しながら

撮影をしてきました。

 

でも、ソレ自体が信頼出来るのものであれば、片意地はらずその恩恵に預かりたいとも思っています。

 

ISOを上げず、低照度環境で撮影できる。

ソコ、かなり楽しみです。

 

 

 

 

Photo by  The Photographer

 

 

 

このモデル。メーカー自身がプロ機を謳うだけあって、各所の造りがいい感じです。

 

ミラーレス機はその構造からか、小型であることが至上命題みたいなところがありますが、

道具として接する上で、バランスが大事。

後付ではない、大型グリップがソレを意思表示しています。

 

グリップだけでなく、ボディ全体もT2に比べると一回り大きくなっている感じ。

コレも手ブレ補正機能の内包や、4Kビデオの処理に対しての放熱を考慮した結果とのこと。

筐体はマグネシウムの肉厚を適所増すことで、2倍ほどの強度アップを得たとか。

 

既に大きくなった・重くなったと文句を言っている人が散見されますが、

やはり、プロの道具にはその形大きさには意味があると言うこと。

 

ミニマムなシステムをご所望な方は、T20をオススメします。

手ぶれ補正は内包してませんがね・・

 

 

 

 

Photo by MIRRORRES COMPARISON

 

 

 

Xシリーズの特徴でもある、軍艦部に並ぶダイヤル類。

 

コレまで露出補正ダイヤルが鎮座していたソコに、新たに液晶インフォメーションが設置されました。

背面液晶があれば事足りる情報表示ですが、コレが付くことで中々アップデートされない、EVFと背面液晶の切替レスポンス問題

解消したりするのでしょうか?

ちょっと期待したい・・

 

露出補正は正直コマンドダイヤルでクリクリした方が、使い勝手いいですから・・

 

中々の期待できそうなモデル。

ただ、センサーや画像処理エンジンは基本的にT2と大きく変わっていないようなので、

今導入するべきかというと、ちょっと考えてしまいます。

 

何より、ソノお値段的に手が出せないというのが、本音ですが・・

 

東京オリンピックまであと2年。

この間に大きくブレイクスルーしたモデルが出るのでは?

と、勝手に妄想と期待をしています。

 

 

 

 

2018.01.16 Tuesday

カメラ雑感・DC-G9・・

 

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

 

 

 

カメラ雑感・DC-G9・・

 

 

 

このところ、写真は X-T10とT2でFUJIFILMの世界観を楽しんでいますが、

元々、FT・MFT使いなので、その動向は常に気になっています。

 

今日、所用で横浜駅前まで出たついでに、ヨドバシでG9に触れてきました。

パナがGH5を差し置いて、PRO機名乗るカメラが気になって仕方ない。

 

短時間いじっただけですが、こいつキレキレですね。

 

AFレスポンスが、GH4が霞むほど向上しています。

 

AFCの補足精度も、店内にいるお客さんの移動レベルでの確認ですが、問題なし。

まぁ。ソレくらい今時のカメラはどれも当たり前か・・

 

出て来る画も、コレは相変わらずMFTならではのシャープネス。

 

ボディサイズが小さすぎず大きすぎず。特にグリップの形状が道具としての必然性を

クリアしていて、とても好印象です。

 

ただ、今どこのメーカーも値踏みが高くなってしまいましたね。

コレも、衝動買いは出来ない価格。

 

でも、キニナルなぁ・・

 

判っていて踏み込んだFUJI沼ですが、レンズの選択肢がちょっと少ない。

それ故、逆にハズレも少ないシステムなのですが、MFTのバリエーションの豊富さが、

今となってとても魅力的。

 

実に悩ましくオモワレ・・

 

でも、今日の写真は先日の館山行でのT2の画です。

 

 

 

XF-90mmF2 R LM WR+X-T2

 

 

2017.09.23 Saturday

2007・09・17・佐久平・・

 

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

 

 

 

2007・09・17・佐久平・・

 

 

 

空の蒼さが、実に印象的。

 

雲が低いんだよね、佐久平は・・

 

418jからAmazonDriveへのアップロードは、順調に続いていています。

 

毎日その進捗を眺めているのですが、時系列でアップしている訳でもないので、

時折、忘れていた懐かしい写真に出くわし、感慨に耽っています。

 

今日サルベージされた写真は、10年前の9月17日に佐久平の田んぼで撮った、

五郎兵衛米と浅間山。

 

E-300・コダックCCDが醸し出すその青は、やはり最強です。

 

 

 

 

Powered by
30days Album