ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< かしわ餅とお稲荷さん・・ | main | 写生・・ >>
2018.05.07 Monday

7M3 ・雑感・・#03

0

     

    JUGEMテーマ:写真日記

     

     

     

    ストリートフォト・・

    もう少しくだけて、お散歩撮影を前提にした、僕的7M3カスタマイズ。

     

    散歩しながら撮影する場合、被写体は様々。

     

    僕の場合、路傍に佇む草花が中心。

    でも、猫がコチラに撮ってみなさいよと、レーザービームを当ててくればもちろん撮る。

    道行く人々にもコッソリレンズを向けるし、路地の建物も撮る。

    鐡道やクルマも大好物。

     

    結局、被写体と光の塩梅が整った場合は何でも撮りたくなってしまう。

    欲張りだけど、お散歩撮影はソレがおもしろいかと・・

     

    ソコで7M3に施したカスタマイズは、

     

    1)C1にフォーカスモード、C2にフォーカスエリアを割付。

      ↳被写体の対象も大きさも様々なので、物理ボタンにこれらの操作を設定。

       ボタンを押してコントロールホイールを廻す。設定が決まったらシャッターボタン半押しで撮影に復帰。

       チャンスに合わせ、レスポンス良くピント精度を上げるには、コレが良しかとオモワレ。

     

    2)AF-ONに、合わせ技の押す間カスタム設定呼出で、動きモノ向けモードを設定。

      ↳押す間カスタム設定呼出。呼び方は「おす−あいだ or おす−ま」 どちらなんでしょう? やや謎日本語なメニュー。

       押している間、カスタム撮影登録に設定した「SSモードに入り、AFモード・ゾーン。ドライブ連射HI」

       この設定になり、とっさに遭遇した動きモノに対応可能かと・・

     

    3)AELに、再押しAF/MFコントロールを設定。

      ↳1押し後、AFからMFに切り替わります。AFの合掌に不安がある時、コレでレンズ焦点リングを廻すと

       EVFが拡大表示。ピント精度上げに効果アリ。

     

    4)C3に瞳AF、C4にAELを設定。

      ↳瞳AFはどこかのボタンに割り付けをして、押しながらシャッターを切るという合わせ技で有効。面倒・・

       別に瞳AF ONで、あとはカメラ側のアルゴリズム任せでも良いかと思うけど。

       ソコまで使う側に判断を委ねるなら、どちらの瞳にピンを当てるか、選ばせてくれても良いと思うけど。

       ソレはお預けな、7M3。

       

    と、こんな感じです。

     

    ボタン配置の一等地は、右手で操作できるC1/C2/AF-ON/AELの4つでしょうか・・

    それ以外は、シームレスな操作が少々難あり。なので自分が必要とする機能をどう割り付けるか?

    思案のしどころで、悩むところであります。

     

     

     

     

    7M3・雑感・・#03

     

     

     

     

    コントロールホイールの下側のボタン機能。デフォルトで機能割付無く、空いています。

    通りから少し入った、公道に面した角地的な好立地。

     

    ところが、ここは設定できる機能が制限されていて、

    どちらかというと、使えないです。

    曰く付きの土地みたいな・・

    変な例えですね。

     

    いろいろ仕込めそうだけど、意外と制限が多い。

    7M3のカスタマイズは、そんな感じです。

     

    いずれ使う側が、ソレに慣れてひれ伏して行く訳ですが・・

     

    ソニーはプロシューマーでも、そんなお仕着せ感一杯のメーカーなんで。

     

    でも、その分盛り込まれた基本性能には、キラリ光る抜きん出たモノがあります。

     

     

     

    FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS + a7III

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Powered by
    30days Album