ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.01.31 Tuesday

Raid・・

 

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

 

 

 

 

Raid・・

 

 

 

 

 

今日、久しぶりに乗った。

と、言ってもご隠居場所から、自宅ガレージまでの5分ほどの距離ですが・・

 

2年半ほど借りていたコンテナタイプの倉庫を解約。

また埃っぽい空間に出戻り。

 

いっそ手放そうかとも思ったけど、愛着がね・・

 

クルマはサクッと割り切れるけど、バイクは中々どうして。

なんでだろ・・

 

 

 

 

 

 

XF35mmF1.4R +X-T2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.06.12 Sunday

Raid・・

JUGEMテーマ:写真日記





実は、バイクと旅がテーマのブログのはずなのですが・・
毎年そんなコトをぼやいています。

今年初めて、Raidのエンジンに火を入れました。
ケンさんありがとう。 今年もクランキング一発始動です。

コイツの電力保持力も不安ないです。
1年間放置していましたが、クランキングパワーに不足なし。

このまま少し走ってきたい気持ちになりましたが、自賠責切れているし・・
ソレより、コレに対する対応を早急にしないとね。





 
Raid・・






今まで気にせず、散々乗ってきたんだから、タブン大きな問題は無いのかもしれないけど、
知ってしまうとダメななもんです・・




XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS+X-T10





 
2016.04.29 Friday

御年・・

JUGEMテーマ:写真日記





タブン23歳のRaidさま。
今もご健在です。

もう立派なヒストリック・モト。
住処も今やしっかりクローズのガレージで、ほぼご隠居的生活。
今年はまだエンジンも掛けていない。
ちょっと可哀想だね・・






 
御年・・






この連休、天気は割りかし良さそう。
仕事の段取りは一先ずついたので、どこか1日くらいコイツと遊ぼうかな。
その前にオイル交換やらなんやらメンテもしないと・・
ということは2日遊ぶと言うことだね。

ちょっとだけ、仕事を忘れることにします。







XF-90mmF2 R LM WR+X-T10












 
2014.06.25 Wednesday

オイルライン・・

JUGEMテーマ:写真日記

前回のエントリーでバッテリーをlifeに変更と紹介しましたが、その後・・

.丱奪謄蝓軸浜が重要だよね。→ △修Δ澄▲瓠璽拭爾鯢佞韻茲Α→ どうせなら色々計測出来るマルチメーター↲ ret
メーターはコレ タコと油温計機能付き → ぬ温センサーのアタッチメントはコレ → あとは取り付けるだけ ↲ ret

と、構想と準備は進んでいたのですが、ここに来て基本的な問題に直面した模様・・


「TT-250R (Raid含む)にオイルクーラーを取り付けるにはクランクケースカバーを開けてオイルラインをopのボルトで
変更する作業が必要です。」
ネット上でそんな文言を見つけてしまいました。

「えっ?」

そんなこと全く知らず、今まで乗ってました・・

 
オイルライン・・

僕のRaidには社外品のHardy製のキットを取り付けたのですが、それがもう8年前の話
取説にもそんな注釈はなかったと記憶。

クーラーコアにオイルが廻っていることは確認していましたが、油温計を設置していなかったので
実際にどれほどの効果があったのかは不明。
トラブルこそありませんでしたが、オイルクーラーとしての効果も大して無かったようです。

オイルラインの変更をすることでクーラーラインに全量のオイルが廻るようになるとのことですが、
その加工を行わなくても、ある程度は循環するようです・・

ただ真実を知ってしまうと、ちゃんと性能を引き出したいところです。
しかし、それをするのにケースカバーを外すのかと思うと、面倒な話。

そこで、現在カンタンに出来る方法を検討中。
ただリスクもあるので、オススメできるかどうかは結果次第ですが・・

それより、少し気になったのが、オイルクーラーと車体をバラ売りして
その際に、オイルラインをノーマルに戻していない中古車や、エンジンがかなり出回っているという噂・・

このパターンはヘッド廻りへの送油ルートが絞られ、カムの焼きつきなど重度のトラブルに見舞われる
可能性が高いそうです。

コレは気をつけた方がいいですね。
古いモデルなので、中古パーツは大事な生命線ですから・・



OM-D E-M1+M.ZD ED 12-40mm F2.8 PRO









 
2014.06.18 Wednesday

shorai・battery・・

JUGEMテーマ:写真日記


術後2日目・・
時折じわーんとした痛みを感じることはありますが、他は特に問題なし。
昨日、24時間後にはシャワーもokとのことで、汗を流しました。

手術創と鏡越しにご対面。ほぉー、7針縫ってありました。
経過は順調のようですが、今日も1日眠かった。午後3時間ほど昼寝をしましたが、まだ眠い。
夜もこのまま寝れます。

薬のせいでしょうか? 仕事が暇でよかったかも・・
アルコールも処方薬が切れるまで、我慢します。


さて、昨年9月頃RaidのバッテリーをLifePO4に変えました。
いくつか種類が出ていますが、僕は入手性の良さと価格から「SHORAI LFX」をチョイス。

 
shorai・battery・・

リチウムイオン系のバッテリーは、今や生活には欠かせない小型でパワフルなエネルギー源。
いつの間にやら、バイクのバッテリーとしても着々と浸透しつつあります。

自己放電が少なく起電力も高いため、僕のように頻繁に乗らない人向けに最適なバッテリーかと・・
更に小型軽量、ノーマル比20%程度なので、小排気量車にはそれだけでチューン効果が望めるかも。

Raidの場合、LFX09A2‑BS12が適合品。
標準のGT7B‑4の容量が6.5Ahに対し、コレは9.0Ahと、ここまではいい事ずくめですね。

ただli-poほどではないにしろ、充電管理が重要なバッテリーです。以下は僕が購入した12vタイプでの話ですが、
導入前に自分のバイクの最大チャージ電圧を確認(ピーク14.8v以上掛かる充電系はNG。標準ピークチャージ14.4v)
最低電圧(9v)があるので、時計やCPU搭載車など常時電源消費をするバイクはその監視が必要など・・
また一般的に、複数セルのリチウムイオン系のバッテリーは、メンテナンスとしてセルの電圧を揃えるバランス充電が
必要です。

shorai batteryはこの辺のマネジメントシステムを内蔵していないので、バイクのようなバッテリーマネジメント上で
使うのはやや不安があるのですが、前出のピークチャージと下限電圧を守れば、今時なバッテリーかな・・

と、書いておきながら、実は福島に出かける前にバッテリーを外すのを忘れてしまい、バッテリーを上げてしまいました。
自己放電は少ないですが、消費していれば後は容量の問題なんで保持は無理です。
Raidはメーター廻りの電装品(主に時計)の待機消費が激しいのですよ・・

約1ヶ月放置後の電圧は8.2v。 コレはまずいですね・・・






下限電圧を超えていたので、破損が心配でしたが、ホビー用のマルチチャージャーで何とか復活しました。
コレ5年ほど前に購入したのですが、まさかこんな用途で約に立つとは・・

Li-feモードでは下限アラームが出て充電できませんでしたが、そこは下限のないNi-mhモードで初期充電をして
電圧を上げてからLi-feモードに入ることができました。

ここまでやったら、バランス充電もやりますかと、部材と工具もたまたまた手元にあったので、BMSケーブルを作製。
各セルの電圧も3.6vに揃ってベストな状態です。

こう書き綴ってみると、あまり万人には薦められない面倒なバッテリーですかね。

でも強力なエネルギーの保存性や、そのクランキングパワーは中々魅力的。
興味があって、ある程度の労力を惜しまない方は、足を踏み込んでもいいかもしれませんよ・・




OM-D E-M1+M.ZD ED 12-40mm F2.8 PRO

 
2014.05.04 Sunday

道志・・・

JUGEMテーマ:写真日記


連休後半がスタートする前に、混雑を避けて金曜日にツーリングに出かけてきました。

神奈川県と山梨県の県境に近い谷筋を走る道志みち。
津久井から山中湖に抜ける40数キロは、適度なアップダウンとワインディングが続く風光明媚な素敵な所です。

バイクが切れてくると、「ちょっと行きますか・・」と出向く僕のリファレンスルート。

津久井側からスタートすると終盤辺りに位置する、道の駅道志に着く頃には大体いい感じに乗れるようになっています。

連休の合間でしたが、お休みの人多いんですね。数多くのライダーが道志みちを楽しんでいました。


 
道志・・・

時間があるときは、途中からそれて都留に抜けて、笹子峠手前のうどん・そば屋「やまびこ」を目指すのですが、
今回は山中湖に出て、すぐ鋭角に折り返すように三国峠を目指し帰路に着くルートにしました。

街中はここ数日気温が上がって初夏の陽気ですが、山間は春の始めサクラが見頃です。
長袖に夏用ジャケットを着て出かけましたが、ちょっと寒かった・・

これから梅雨前がバイクに乗るベストシーズンその1かと思うのですが、僕は6日から仕事でしばらく家を開けるので、
Raidを楽しめるのは、またしばらく先かな・・

もしかしたら、帰ってきた頃は梅雨空かもね。



LUMIX GH4+LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8/POWER O.I.S










 
2014.04.16 Wednesday

火入れ・・

JUGEMテーマ:写真日記


元々はバイク関係のサイトだったんですけど・・

そんなことを書かないと判らないくらい、そちらのネタは少ないです。


 
火入れ・・

昨日、Raidの火入れを行いました。
火入れとは初めて始動するときに使う言葉のようですが、1年の内半年は休眠しているバイクなので、敢えてその言葉を使わせて頂きます。

バッテリーをつないで、オイル交換をして、エンジン始動。
もちろん、いきなりセルでガンガン廻したりしませんよ! キックを静かに踏み込んでシリンダーにオイルを廻して・・
本当はプラグ外してソコから数滴オイルを垂らしたほうがいいのでしょうが、僕はソコまでしないです。

ガソリンコックをON。キャブにガソリンを落として、チョークを引いてセルで短いクランキングを3回。
昨年のメンテ効果がちゃんと継続されています (^o^)

キックで掛けないのかって? 自慢じゃありませんが、キックで掛かったことないです。

昨日は周辺を少し走っただけでしたが、単気筒のパルス感はいいですね。
今の季節は、風が強く吹かなければバイク乗るには心地よい陽気です。

もう少し自由な時間が取れそうなので、走りに出かけたいと考えています。



OM-D E-M1+M.ZD ED 12-40mm F2.8 PRO







 
2014.03.30 Sunday

125・again・・・

JUGEMテーマ:写真日記


2002年の秋に「where go ?」というサイトを立ち上げました。
コマジェ(マジェスティ125)でリターンライダーとなり、その嬉しさを綴って行きたくて始めたのですが、
3年後の2005年に、もっと遠くに行きたくて、現在の愛車TT250R Raidとスイッチ。
コマジェは僕の元を離れて行きました。


 

125・again・・・


あれから9年・・
この春再び125が我が家にやってきました。
コマジェと同じ台湾ヤマハリリースのシグナスX-SR  2012年国内仕様。

コマジェに比べ、FI化されたので、エンジン始動はセル一発でOK! 楽になりました。
ただ乗り味は随分もっさりした感じです。ソコは同じシグでも国内仕様である味付けか・・
社外品のマフラーが付いていたので、低速トルクが痩せているのかもしれません。
この辺は近いうちにWRの調整で少し変化を付けたい所です。 
オッと、悪いクセが・・・

僕のバイクというよりは、このところ何やら忙しいkouの通学SP的な立ち位置。
僕は乗れる機会あんまりなさそうだな・・
まぁ、山坂ばかりの横浜にはこのサイズのバイクは何かと便利です。
新しい125のある生活を楽しむとしましょう!



OM-D E-M1+LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8/POWER O.I.S







 
2013.09.30 Monday

saico・・

JUGEMテーマ:写真日記


金曜深夜。一通のメール・・

「明日キャンツーに出かけますが、行ける人!」

そんな誘いに、所用が片付いてから装備をまとめて出かけた西湖。

出遅れたので着いた頃にはすっかり日が暮れていたけど、テントを張り終える頃には先発の
二人も買い出しから戻って、宴会のはじまり!

「9月の西湖ってこんなに寒かったか?」
酔いが廻るより先にカラダが冷えてしまい、歩いていける温泉へ。

湯船に浸かりながら語ること語ること・・まぁ、内容は健康にまつわる話題が多くなったのは、
アラフィフの仕方ないこと・・

結局閉店の22時まで2時間も浸かってしまった。

テントに戻ってからも日付変わるまでけっこう呑んだね。

オッサン達の夜はふける・・


saico・・

キャンツーは楽しいな・・

今回みたいに急に決めてサクサクッと出かけるのもいいね!現地集合だったのも僕好みのプランだ。

キャンプ場がクローズする前に、何回か出かけられるといいな。
もちろん今度はもう少ししっかり防寒対策してね。

あっ、パックのおでんも忘れずに・・


PEN E-PL3+SIGMA 30mm F2.8 EX DN



2013.05.28 Tuesday

残念だ・・

JUGEMテーマ:写真日記


彼の名前は「松下ヨシナリ」氏

レーシングライダーです。イケメンですね・・ 写真はココから拝借してきました。

彼とは特に個人的なつながりはないのですが、この時期開催されるマン島TTに2009年から参加しており、
その姿をMOTO NAVIで見ていました。

その彼が、予選中の事故で永眠されたという記事を読んでたまらなくなり、このエントリーを書いてます。



残念だ・・
Photo by Mr.satoshi mayumi


43歳・・先に逝ってしまうには、まだ若いよね。残念・・

EVバイクでのマン島TT参戦。精力的に新しいチャレンジをしていました。その成果をあなたの
ライディングでもう少し追いかけて見たかったのですが、これが最後になってしまいました。

バラクラインという場所でクラッシュしたそうですが、その時彼は「あっ!」くらいで逝ってしまったのかな・・

残された仲間たちは辛いだろうね。外野のまた外野の僕もセツナイ。

でも、情熱を掛けたチャレンジ途上で天に召される。コレはこれで僕は男として悪くない結果だと思う。

僕の勝手な私見です。 今は彼の冥福を祈ります。

今回の件で、マン島TT を危険なレースだとか講釈をたれているヤカラが多々いますが、
そんなことは百も承知です。

レースというのは命懸け、そういうものです。それに参加できる勇者に僕は最大限の敬意を払いたい。

ココぞとばかり、どうでもいい事を抜かす連中は少し口を謹んでほしい・・


松下氏所属チーム TeamMIRA公式HP




Powered by
30days Album