ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.05.30 Tuesday

T880・・

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浅間ヒルクライム 2017でコンセプトトラック「T880」走る。

そんなニュースから見入ってしまったコレ。

僕はこんなファニースタイルに弱いんです・・

 

アクティーベースのショーモデルですが、最近の流れでハリボテではなく

ちゃんと作りこんである。でも市販化の予定は無い・・

そりゃそうかもしれませんね。

 

軽トラという限られたパイの中で、ここまで尖ったクルマに仕立てて

いくらになるの?何台売れるのさ?

大メーカーのマーケティング的にはボツだと思う。

 

判らないでもないが、最近のコンセプトモデルは完成度が高くて

ソレに物欲を刺激されること多々。コレもそうでした・・

 

ココまで出来たら、その先も!

 

物欲を満たす、その先の演出も期待したいですね・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真はコチラから拝借。インプレと動画も楽しいです。

 

 

 

 

2017.05.28 Sunday

06:95.400・・

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい画だ・・

 

写真に惹かれて眺めたニュース。

 

上海に拠点を置くEVメーカー 、NiOがリリースするスーパーカーEP9。

ニュルのコースレコードを更新したと話題になっています。

 

中国製のスーパーカーということで、懐疑心一杯。悪い方の想像をしてしまいましたが、

彼らのWebサイトを眺めてみると、どうしてかなりの本気度が伺えます。

 

今までもスペシャリティなクルマは多数存在しますが、内燃機関から開放されたコレは、

今までに無い自由、ハイパフォーマンス。そしてアップデートで進化する可能性を感じます。

EVで先ゆくテスラが霞む感じ・・

 

いくつか用意されているPVを見終わった後、久々に覚えたクルマに対する高揚感。

欲しいです、コレ。

 

まぁ、とても買えない、お値段1億円超え・・

 

そのうち、六本木辺で見かけることを楽しみにしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■写真は、すべて公式サイトから拝借。

 

 

 

 

2016.06.13 Monday

21029・・

JUGEMテーマ:写真日記






シエンタに乗り始めて1年経ちました。

お題目の数字は、今日までの走行距離。
このところ、都内通勤が無いので距離の延びは控えめな方なんですが、
コレに乗っている一般の方が見たら驚くかもしれませんね。





 
21029・・






仕事にプライベートに、よく働いてくれています。


1.5リッター+CVTは丁度いいキビキビ感・・
決してパワフルなエンジンではないと思うのですが、
変速ショックのないCVTとの組み合わせが、
そこを上手に補完しているのでしょう。

人も荷物もソコソコ積めて、ちゃんと走って燃費も良し。
丁度いいって、大事だなぁ・・

いい感じの付き合いは、明日から2年目に入ります。



XF-90mmF2 R LM WR+X-T10






 
2016.02.09 Tuesday

キュル・キュル音・・その後・・・

JUGEMテーマ:写真日記





以前のエントリーでお話ししたキュルキュル音。
どうやら、解決したようです。





 
キュル・キュル・・その後・・・




その後、様子見で治ることはなく、ディーラーの対応でもやや決定打に欠けていたのですが
トヨタのお客様相談室に電話して、問題の流れの方向を変えてみたところ
事態は一気に改善方向へ・・

エキマニと触媒を含むパーツをそっくり交換したそうです。
そして、ソレをメーカーに送り返して検証をしてもらうんだとか・・

なるほど、そういう事ですか。
細々書くのは止めておきます。いろいろとオトナの事情が作用しています。

取りあえず、ここからまたしばらく様子見ではあるのですが、多分大丈夫でしょう。
タブンネ・・




MZD 40-150mm F2.8 PRO+OM-D E-M1





 
2015.12.11 Friday

Deitona・Style・・

JUGEMテーマ:写真日記



 12月なのに気温20℃超えって、今年の冬はどうしちゃったんでしょうか?
早々に履き替えたスタッドレスのエッジが、ドンドン丸くなっていきます・・

そんな足廻りに、赤いリムラインのアクセント。
ホイールキャップの要領で、鉄チンホイールに被せるホイールリング。
よく考えましたね・・



 
Deitona・Style・・



昔のGTカーは鉄チンにクロームリングとのコンビがありましたが、今時分にこんな遊び方を提供してくれた
Daytona-Styleに脱帽です。

鉄チンにリムラインテープ処理をしようとすると、ウエイトバランスの錘が邪魔をするのですが、
コレならそんな心配ご無用。さらに純正ホイールキャップを外した時の擦り傷隠しも出来て、中々の両得感。

洒落たアルミもいいですが、純正鉄チンでチープに小洒落るのも悪くないでしょ?




MZD 12-40mm F2.8 PRO+OM-D E-M1





 
2015.11.07 Saturday

47,000円なり・・

JUGEMテーマ:写真日記


願いましてわ

Bridgestone BLIZZAK REVO 2 2015年製造新品   28,000円なり・・
トヨタ・シエンタ純正鉄チン中古ホイール 12,000円なり・・
持ち込みタイヤ・ホイール組付サービス 7,000円なり(バランス・窒素ガス充填・車両への脱着交換込)
では・・

47,000円なり。
かなりお安いかと・・



 
47,000円なり・・



シエンタのスタッドレスタイヤをオークションと持ち込みタイヤ組み込みサービスを利用してセットしました。
大手量販店を利用しても、この値段は難しいでしょうね。
また、今回利用したサービスは予約制なので、作業開始までのウエイトが無かったので至極快適。
前出の量販店ではこれからハイシーズンに向けてヘタしたら半日費やします。

多少手間暇は要しますが、ネット時代の今、ソレを駆使すれば居ながらにして選択発注。数日後には手元に届く。
時間とコストの有効活用。いい時代になりました。

コレを体感してしまうと、タイヤの購入取付はこのスタイルが僕の標準となりそうです。

ちなみに、僕は今回コチラでサービスを受けました CarCarJapan

ココもネットで検索。
同じ町内、ご近所さんでした・・

さて、早々スタッドレスに交換しましたが、晩秋はしばらく気温は高めとか。
恩恵に預かるのはいつになりますかね・・



LUMIX GH4+LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8/POWER O.I.S




 

2015.11.01 Sunday

鉄チン・・

JUGEMテーマ:写真日記




てっ-ちん【鉄チン】
自動車に標準装備されるスチールホイールの俗称。

ドレスアップは脚元から・・
よく聞く言葉ですが、最近の僕はドレスダウン的に鉄チンに萌え萌えです。

僕はリムの深いホイールが好きなのですが、最近はオフセットがプラス方向でアルミはリム造形のないホイールが主流。
ところが鉄チンは構造的にリム構造が存在します。

眺めていると意外と複雑な造形なので、機能美を感じています。
クロームのナットと赤がワンポイントのセンターキャップでココはドレスアップ・・

何ともチープだけど、僕の中ではどストライク。
良いと思います。



 
鉄チン・・


下手なアルミより高強度で軽量。
ガリ傷程度の補修ならタッチペンでいいでしょ的なお気軽感が、今の僕には向いています。

ただ、今日フロントホイールのリムに変形を発見。
軽妙な歪みですが、先日狭いコインパにクルマを入れる際にフラップのボディに当ててしまい、
ソレが原因と考えられます。

微速での接触だったのですが、アタリ所が悪かった感じですかね。
高強度のソレも死角はあると言うこと。気をつけないといけませんね・・

コレがアルミだと修理費用や、はたして治るのか?と気をもむところですが、
鉄チンは軽妙なら叩いて直せるし、何より市場に探せば安価で程度の良い中古がかなり流通しているので
交換してしまうのもアリかと・・


どこまでもお気楽な鉄チンです。





MZD 40-150mm F2.8 PRO+OM-D E-M1





 
2015.10.10 Saturday

スタディ・モデル・・

JUGEMテーマ:写真日記


間もなく開催される東京モーターショー。
それに向けてトヨタからコンセプトカーが発表されました。

「TOYOTA S-FR」








ワールドプレミア・エントリースポーツという位置づけだそうですが、中々立派なフォルム。
そして値段は決してエントリーぽく無いような気配・・









サイズは全長が『ヴィッツ』より少し長めの3990mm、全幅は5ナンバーサイズの1695mmとコンパクトで、同社のライトウェイトスポーツの系譜を継 承するモデルを目指す。エンジン排気量は示されていないが、フロントミッドシップに配置し、6速のMT(手動変速機)と組み合わせる。駆動はFR(前部エ ンジン後輪駆動)で、定員は4人。(Response記事から抜粋 写真も拝借してます)


と、なるとエンジンは1.3もしくは1.5でしょうか?
レボーグのFB16“DIT”なんか載せてきたら、僕としてはかなり物欲全開になってしまいます。
実際、かなり楽しいと思われ・・










リアビューも素敵な造形。
フォルムになんとなくヨタハチのデザイン言語を感じてしまうのは、僕だけ?



 
スタディ・モデル・・



そして、なによりこのファニーファイスが僕にはド・ストライク!


スタディモデルということなので、近々発売となるかは反響次第ということでしょうが、
今後の動向に注目したいクルマです。


 
2015.09.19 Saturday

キュル・キュル・・

JUGEMテーマ:写真日記



と、妙な音がするのですよ・・

ココひと月ほど気になっていたのですが、シエンタのエンジン周りからそんな音が聞こえてきます。
常にという訳ではなくて、ドライブに入れて停車中や、車庫入れでブレーキ踏みながらバックしている時など。
一聞すると、回転部分。エアコンコンプレッサやオルタネータ等、ベルト系の音のような感じなのですが、
エンジンルームを眺めているとソコじゃない。
もっと奥のほう・・

何となくシロウト判断的に特定したのが、エキマニとその先の触媒付近からの摺動音。

何故ソコから?

まあ、そこで悩んでいても仕方ないので、今日仕事帰りにディーラーに寄って調べてもらいました。

その結果は、正しく僕の見立て通りだった。まんざらでもないね、僕のトラブルシュート。



 
キュル・キュル・・


音の出処はエキパイと触媒の継ぎ目周辺からで、これは停止またはブレーキを掛けながら微速走行中だと
エンジンが自らの回転トルクで傾いて、ソコに余分なテンションが掛かり、振動に起因する鳴きが発生する。
そんな感じです。
故障や障害ではなく、条件が重なると発生する可能性のある現象で、症状がひどい場合は、一度接続部分をリリース。
ガスケットの交換や液体ガスケットの塗布により改善する場合もあるが、
今回の程度では、ソレにも値しない・・とか。

僕的にはなるほど納得できる判断。

あとは僕がそれ以上気にするかしないかなのですが、何となく、そのうち更に走りこむ内に軽減するような
気がしているので、取り敢えず経過観察。

ちなみに納車後3ヶ月。走行8千キロ弱での症例。
営業さんには 「随分とハイペースで距離を重ねていますね」と言われています。

ちょっと、乗りすぎですか?




OM-D E-M1+M.ZD ED75mm f1.8







 
2015.06.28 Sunday

まる目・・

JUGEMテーマ:写真日記



最近のクルマはキリッと鋭角系の顔つきが流行りのようで・・
コレみたいにまる目のやんわり系は少数派。


 
丸目・・



現行シエンタは角目も選べるのですが、まる目から継るボンネットラインの造形が、僕は好きです。

さて、ディーラーでは既に新型シエンタの予約が解禁され、もう7-8月分枠はほぼ完売だとか・・
お約束のハイブリッドモデルが用意され、12年というロングセラーの後釜として、出足好調のようです。

最終型シエンタは絶対数が少ないので、5年後には珍しい存在になるのではと考えているのですが
どうでしょう・・

何年乗る気?
多分今度も10年以上は乗ると思われ・・

今日、1,000キロを超えました。
納車後2週間。都内の仕事が続いたので、あっという間。

初回点検に出さないとね・・



OM-D E-M1+M.ZD ED75mm f1.8



 
Powered by
30days Album