ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
2018.02.21 Wednesday

カメラ雑感・G-H1・・

0

    JUGEMテーマ:写真日記

     

     

     

     

     

     

     

     

    ついに、いやとうとうと言うべきか・・

     

    ボディ内手ぶれ補正を実装したXモデル。X-H1が発表となりました。

     

    画質劣化につながるとして、FUJIFILIMはその機構の実装を頑なに拒んできたのですが、

    コレが転換点となるのでしょうか?

     

    僕も、ボディ内手ぶれ補正は多くの恩恵があると承知しつつ、センサーがフローティングしていることに起因する

    ブレに対して懐疑的なところがありまして、X-T10・T2で撮影の基本に立ち返る的に焦点距離とSSに注意しながら

    撮影をしてきました。

     

    でも、ソレ自体が信頼出来るのものであれば、片意地はらずその恩恵に預かりたいとも思っています。

     

    ISOを上げず、低照度環境で撮影できる。

    ソコ、かなり楽しみです。

     

     

     

     

    Photo by  The Photographer

     

     

     

    このモデル。メーカー自身がプロ機を謳うだけあって、各所の造りがいい感じです。

     

    ミラーレス機はその構造からか、小型であることが至上命題みたいなところがありますが、

    道具として接する上で、バランスが大事。

    後付ではない、大型グリップがソレを意思表示しています。

     

    グリップだけでなく、ボディ全体もT2に比べると一回り大きくなっている感じ。

    コレも手ブレ補正機能の内包や、4Kビデオの処理に対しての放熱を考慮した結果とのこと。

    筐体はマグネシウムの肉厚を適所増すことで、2倍ほどの強度アップを得たとか。

     

    既に大きくなった・重くなったと文句を言っている人が散見されますが、

    やはり、プロの道具にはその形大きさには意味があると言うこと。

     

    ミニマムなシステムをご所望な方は、T20をオススメします。

    手ぶれ補正は内包してませんがね・・

     

     

     

     

    Photo by MIRRORRES COMPARISON

     

     

     

    Xシリーズの特徴でもある、軍艦部に並ぶダイヤル類。

     

    コレまで露出補正ダイヤルが鎮座していたソコに、新たに液晶インフォメーションが設置されました。

    背面液晶があれば事足りる情報表示ですが、コレが付くことで中々アップデートされない、EVFと背面液晶の切替レスポンス問題

    解消したりするのでしょうか?

    ちょっと期待したい・・

     

    露出補正は正直コマンドダイヤルでクリクリした方が、使い勝手いいですから・・

     

    中々の期待できそうなモデル。

    ただ、センサーや画像処理エンジンは基本的にT2と大きく変わっていないようなので、

    今導入するべきかというと、ちょっと考えてしまいます。

     

    何より、ソノお値段的に手が出せないというのが、本音ですが・・

     

    東京オリンピックまであと2年。

    この間に大きくブレイクスルーしたモデルが出るのでは?

    と、勝手に妄想と期待をしています。

     

     

     

     

    2018.01.16 Tuesday

    カメラ雑感・DC-G9・・

    0

       

      JUGEMテーマ:写真日記

       

       

       

       

       

      カメラ雑感・DC-G9・・

       

       

       

      このところ、写真は X-T10とT2でFUJIFILMの世界観を楽しんでいますが、

      元々、FT・MFT使いなので、その動向は常に気になっています。

       

      今日、所用で横浜駅前まで出たついでに、ヨドバシでG9に触れてきました。

      パナがGH5を差し置いて、PRO機名乗るカメラが気になって仕方ない。

       

      短時間いじっただけですが、こいつキレキレですね。

       

      AFレスポンスが、GH4が霞むほど向上しています。

       

      AFCの補足精度も、店内にいるお客さんの移動レベルでの確認ですが、問題なし。

      まぁ。ソレくらい今時のカメラはどれも当たり前か・・

       

      出て来る画も、コレは相変わらずMFTならではのシャープネス。

       

      ボディサイズが小さすぎず大きすぎず。特にグリップの形状が道具としての必然性を

      クリアしていて、とても好印象です。

       

      ただ、今どこのメーカーも値踏みが高くなってしまいましたね。

      コレも、衝動買いは出来ない価格。

       

      でも、キニナルなぁ・・

       

      判っていて踏み込んだFUJI沼ですが、レンズの選択肢がちょっと少ない。

      それ故、逆にハズレも少ないシステムなのですが、MFTのバリエーションの豊富さが、

      今となってとても魅力的。

       

      実に悩ましくオモワレ・・

       

      でも、今日の写真は先日の館山行でのT2の画です。

       

       

       

      XF-90mmF2 R LM WR+X-T2

       

       

      2017.09.23 Saturday

      2007・09・17・佐久平・・

      0

         

        JUGEMテーマ:写真日記

         

         

         

         

         

        2007・09・17・佐久平・・

         

         

         

        空の蒼さが、実に印象的。

         

        雲が低いんだよね、佐久平は・・

         

        418jからAmazonDriveへのアップロードは、順調に続いていています。

         

        毎日その進捗を眺めているのですが、時系列でアップしている訳でもないので、

        時折、忘れていた懐かしい写真に出くわし、感慨に耽っています。

         

        今日サルベージされた写真は、10年前の9月17日に佐久平の田んぼで撮った、

        五郎兵衛米と浅間山。

         

        E-300・コダックCCDが醸し出すその青は、やはり最強です。

         

         

         

         

        2017.05.25 Thursday

        Manual・・

        0

           

          JUGEMテーマ:写真日記

           

           

           

           

           

           

          Manual・・

           

           

           

           

           

           

          こんなポーズ決めていたら、遠くからでも撮ってしまうでしょ・・

           

          Xシリーズを使うようになってから、マニュアルで撮影する事が多くなった。

          相変わらず、18-55があまり好きじゃなくて、35と90を多様することが多いから。

          理由は粗ソレに尽きる。

           

          どちらも手振れ補正機能が付いていないから、ソレを防ぐには最低SSを決めてやる必要がある。

          35ならSS 1/40以上。90ならSS 1/100以上って所。

          1/焦点距離秒=手振れ回避 という公式です。

          諸説ありますが、試してみるとナルホド外れてはいない。

           

          今回もソレに乗っ取り、SS 1/125にして撮影。

          でも、ちょっとブレが出ているかな。こんなもん?

          被写体までの距離、大きさからもう一段早くて良かったかも・・

           

          長らく、手振れ補正の恩恵を最大限受けながら撮影をしてきたので、

          再度その辺を検証しながらX シリーズと付き合っています。

           

          ただ撮るなら誰でもできる。

           

          理屈に基づき、決めて撮る。

           

          写真に対する問答は、尽きないです・・

           

           

           

           

           

           

          XF-90mmF2 R LM WR+X-T2

           

           

           

           

           

           

          2017.03.24 Friday

          50-140 f2.8・・

          0

             

            JUGEMテーマ:写真日記

             

             

             

             

             

             

            50-140 f2.8・・

             

             

             

             

             

            XF50-140 F2.8

             

            こう眺めると、中々の大砲ですね。

            待望の長玉を導入しました! と言いたいところですが、

            コレ借り物です。

             

             

            フジは一般向けに機材の貸出をしておりまして、一度利用したいと常日頃思っておりました。

            ただ、場所が六本木のFUJIFILMスクエアなので、中々足が重くて・・

             

            ところが、今週お隣の神谷町で仕事があったので、意を決して立ち寄ってきました。

            ちょっと大げさか・・

             

            このレンズ、世間の評価は「ズームでありながら、全焦点域で単焦点並の画質」と、言われております。

            なるほど、さすが赤バッジ。ソレは数枚撮って見てすぐに納得。

            これはいずれ手中に納めなくてはいけませんな・・

             

            ただ、当座僕的出番は無さそうなので、このレンタル期間に感じを掴んで、

            今後の懸案事項にしておきたいと思います。

             

             

             

             

             

            XF35mmF1.4R +XT-10

             

             

             

             

             

             

             

            2017.01.23 Monday

            孤高の・・

            0

               

              JUGEMテーマ:写真日記

               

               

               

               

               

               

               

              カメラ雑感・E-M1 MarkII・・

               

               

               

               

               

               

               

              モンスター・・

              日産GTR。

               

              すっかり大人しくなってしまった日本車。

              その中で、誕生からずっとストイックに究極を追い求めるクルマ。

              実に美しい。

               

              さて、遅ればせながら、E-M1 MarkIIの実機を触ってきました。

              AFレスポンスが実に俊敏。

               

              クロスセンサーを奢った像面位相差AFは、被写体に対しなるほど的な食いつきを見せてくれます。

              10mほど離れた位置から、こちらに歩いてくる被写体を捉えて離さない。

              途中レンズ前を他の人が横切り遮っても、即リカバリーするアルゴリズム。

               

              これは、MFT初のAFモンスターかもしれない。

               

              ただ、僕的には少し出るのが遅かったと感じている。

              もちろんMFTファンには待望のカメラの登場。

              カメラに対する要求も、歳を重ねるごとに変わっていくもので・・

               

              でも、その進化の過程は、これからも見つめていたいと思います。

              ストイックに、着実に、そして美しく・・

               

               

               

               

               

               

              XF35mmF1.4R +X-T2

               

               

               

               

               

               

               

               

              2016.09.25 Sunday

              GFX 50S・・

              0

                JUGEMテーマ:写真日記

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                デジカメフォーマットのベンチマークは、やはりフルサイズなのでしょうか・・

                 

                MFT・Xシリーズ。それぞれ魅力のあるフォーマットであるのですが、

                世間では常にフルサイズとの優劣に関する議論が絶えません。

                 

                それらを横目にスッと飛び越して、先導するフォーマットが来るかもしれませんね。

                 

                デジタル中判。「GFX 50S」

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                デジタル中判。殆どがプロユースと思われ、僕的には俳優の永瀬正敏氏が645を手持ちでぶん回しながら

                ストリートフォトを撮影してたのが印象的。

                 

                兎にも角にも、一般的に入用かというと、どうなんだろうか・・

                 

                ただ、FUJIFILMというメーカーは、プロモーションが上手だなと思います。

                GFX 50SのSPサイトプロモVも秀逸・・

                常日頃、レンズ・ボディの有償無償レンタルや、X StoriesX Photographer等のサイト演出の巧みさ。

                興味を持った人を強引なまでに惹きつけるドラマを感じます。

                 

                 

                このGFX 50も、オーバースペックと感じながら、フルサイズを飛び越して欲しいと思っている人、かなりいるんじゃないかと

                勝手に感じています。

                 

                まぁ、単に僕がその衝動に駆られているからなんですが・・

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                2016.09.21 Wednesday

                フォトキナ・E-M1 MarkII

                0

                  JUGEMテーマ:写真日記

                   

                   

                   

                   

                   

                  121-point cross-type phase detection AF and 121-point contrast AF

                  ↳121点クロスタイプ位相差AF/121点コントラストAF

                   

                  ブレイクスルーとはこの事か、MarkII・・

                  コレはまずいね。

                   

                  正直MFTには見切りを付けようかと思っていたけど、像面位相差でクロスって

                  動体撮影、期待できそうだ。

                  機能内容が額面通りなら、T2より凄いね。

                   

                  あとは新型センサーが出す画が、どれくらい感動を与えてくれる出来か?

                  高感度が今より使えるようなら、ロックオンされてしまうかも。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  発売は年内間に合うようだね。

                  近いうちに国内でも正式発表されるだろう。

                   

                  まぁ、ソレまではまずT2の実力をじっくり試してみないと・・

                   

                  MarkIIの詳しい情報はコチラ。

                   

                   

                   

                   

                   

                  2016.03.17 Thursday

                  50歳の・ブツヨク・・

                  0
                    JUGEMテーマ:写真日記




                    1月に無事50歳になりましたので、記念に何か欲しいなと考えております。


                    そこで気になる逸品がコレ・・










                    FUJIFILM X-T10

                    FUJIの画作りは、以前から気になっておりまして・・
                    ネット上にも思わず息を呑む色合いの作例が散見されます。

                    MFT陣営が未だに苦手な高感度撮影も秀逸。
                    ノイズのない画はクリアで美しい・・





                     
                    50歳の・ブツヨク・・




                    先日のCP+では実機レンタルも体験。
                    35mm F1.4を併せて撮影。
                    噂どおり解像性能はかなり高いですね。
                    この写真、彼女からかなり離れて撮影したものをトリミング最大拡大したのですが、
                    良く解像しています。若干甘めですが、トリミング耐性高いです。

                    彼女がキレイなこともありますが、いけない妄想が膨らんでいます。
                    あー、どうしたものか・・






                     
                    2016.01.06 Wednesday

                    300mm・・

                    0
                      JUGEMテーマ:写真日記




                      いよいよ本日M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROが正式発表されました。
                      所謂サンヨンが手持ちで撮影可能な、「世界最強、5軸シンクロ手ぶれ補正」
                      このキャッチコピーだけで、思わず飛びつきたくなりましたが、お値段37万円。

                      オリオンから早速DMも届いていましたが、それでも319,680円からと・・
                      超望遠だけに、今回はモノも遠い存在です。


                      諸元等々、詳しくはココが詳細をコンパクトにまとめています。




                       
                      300mm・・




                      いずれは欲しいレンズ。今は我慢・・

                      E-M1はファームのアップデートを重ねることで、使い勝手が随分と良くなりました。
                      この300mmが出てきたことで、システムとしての期待値もかなり上がるでしょう。

                      レンズ群が充実してきたので、このあとはボディーのブラッシュアップ。E-M1Mark兇亡待!
                      あと、後手に廻りがちなフラッシュも、高速連写対応モデルを純正で出して欲しいです。

                      ガンバレ OLYMPUS・・






                      OM-D E-M1+M.ZD ED75mm f1.8









                       
                      Powered by
                      30days Album